取り外しが出来るので衛生的です

歯科人物

歯並びが悪い人は、なるべく痛みの少ない歯列矯正の治療を受けたい人が増えています。矯正歯科の診療を行っているクリニックでは、透明なマウスピースを使った治療を行っています。従来の表側矯正は、ワイヤーや留め具が見えてしまうので、接客や営業などの仕事をしている人には向いていません。マウスピースは透明なので、口を開いた時も目立ちにくいのが特徴です。ワイヤーや留め具は、自分で外すことは出来ませんが、マウスピースは取り外しが出来ます。一日に20時間以上は装着する必要がありますが、食事をする時に外すことも出来ます。マウスピースを外して歯磨きが出来るので、口腔内の衛生を保ちやすいです。

金属アレルギーの人に向いています

歯医者

マウスピースの歯列矯正は、虫歯治療を併用しながらできるなどのメリットがあります。虫歯治療が終わってないうちでも、治療を始めることが出来ます。金属アレルギーの人は、ワイヤーや留め具を使用することが出来ないこともあります。マウスピースは金属を使用していないので、アレルギー体質の人も安心です。歯並びが複雑な形状の場合は、マウスピース矯正に適していない場合があります。信頼できる医師が在籍をしているので、まずは診察や検査を受けてみると良いでしょう。マウスピースを装着をした時は、少し違和感を感じますが、少しずつ慣れてきます。痛みをほとんど感じない治療なので、痛みに敏感な人にお勧めです。大人だけでなく、お子様にも使用できます。

お子様も治療が受けられます

歯医者

中学生や高校生ぐらいの年齢になると、表側矯正では見た目が悪いので嫌がる場合があります。マウスピース矯正は、小学生から高校生まで治療が受けられるので、歯科医師に相談をしてみると良いでしょう。歯の形状に合ったオーダーメイドのマウスピースを製作してもらえます。表側矯正のデメリットは、歯磨きがしにくく、虫歯になりやすい傾向があります。マウスピースは、一定の時間は装着する必要がありますが、歯磨きがしやすいなどのメリットがあります。比較的体に負担が少なく、審美性の高い治療法です。地元で評価の高い歯科クリニックを選ぶと、希望の日時に予約が入れやすいです。カウンセリングの時に治療のメリットだけでなく、デメリットも説明をしてくれます。きれいな歯並びになると容姿が良くなり、自信が持てるようになります。表側矯正に比べると費用は高めですが、体に負担の少ない治療を受けたい人に人気があります。高い技術が必要なので、患者数の多いクリニックがお勧めです。

広告募集中